出資金の調達方法

会社設立のための出資金の調達方法

会社設立をするには、ある程度の出資金を用意する必要があります。近年では株式会社であっても資本金は1円から会社設立ができるようになっていますが、設立から3年で黒字化をしなければいけないという条件が付いてきます。

そのため、会社設立の際には3年程度の運営資金を用意しておいた方が、余裕を持った経営が行えると考えます。会社設立のための出資金の調達手段としては、まず自己資金を用いることが挙げられます。独立をする前の会社員時代に数百万円程度の資金を貯めてから、会社設立に踏み切る人が多くなっています。

しかし、自己資金だけでは会社の運営資金として足りない場合には、金融機関から資金調達をすることになります。金融機関としては、都市銀行や地方銀行で融資をしてもらえる可能性があります。しかし、都市銀行などでは不動産などの担保がないと、融資をしてもらえないことが少なくないです。そのため、銀行では地域に根差した地方銀行の方が融資が受けられる可能性が出てきます。しかし、地方銀行でも担保主義の体質を持っているところが多いため、新たに会社設立をする場合には融資が受けられるハードルは高いです。

そこで、さらに地域に密着をした経営を行っている信用金庫などに融資の相談をすると、融資が受けられる確率は高まると思います。

信用金庫などの中小の金融機関では営業マンがきめ細かい目利きを行っているために、新興の会社でも融資をする体制ができているからです。金融機関以外から会社設立のための出資金を受ける方法としては、ベンチャー投資企業から調達をすることが挙げられます。ベンチャー投資企業では、とくにITやバイオなどの成長分野において積極投資を行っている状況が生まれています。

ベンチャー投資企業の主催する場で、自社の経営計画を発表して会社の将来性が高いとベンチャー投資企業に判断されれば、出資をしてもらえる場合が出てきます。ベンチャー投資企業から出資を受けた場合には、経営上の相談などをベンチャー投資企業のコンサルタントに相談ができるメリットが生まれてきます。さらに近年ではネット上で出資金を集めるクラウドファンディングという方法を用いることが可能になってきています。クラウドファンディングは専用のサイト上で会社の事業内容を公開し、それを見て共感をした人が出資をしてくれる仕組みがあります。インターネットを活用することで、多くの人から少しずつ出資金を集めることが可能になっています。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2014会社設立を考えている方へ、格安、最速の会社設立術 All Rights Reserved.