注意点

会社設立における注意点って?

会社設立はそれを行おうとする人たちにとって、まさに人生の目標とも言えるものです。
もちろん会社設立は「設立した会社を成功させること」が最終的な目標なのですから、会社設立が出来たから目標が達成されたというようなことは無いのですが、それでも人生の転機になることは間違いありません。

自分の力を試したいというような人や、社会に貢献したいというような人など、様々な人が会社設立を夢として描くのが現代になっていますが、実際には会社設立をする場合には事前に理解しておかなくてはならない注意点がいくつもあります。

特に注意したいのが「会社設立はメリットばかりがあるわけではない」ということです。
「会社を設立しても成功が保証されているわけではない」ということは誰しもが理解できていますが、「かかる税金」については事前に考慮に入れていない人が少なくないのです。
ではどういった税金がかかってくるのかと言うと、最も注意するべきなのが法人県民税や法人住民税といったようなものです。

これらは毎年一定の金額が発生する上、企業が赤字であっても支払わなくてはなりません。
既にフリーランスとして事業を営んでいて、その事業を会社設立によって法人化したいというような場合には、こうした「本来であればなかった税金」が賦課されることになるわけですから、特に注意が必要です。

また個人事業としてではなく「会社」として事業を行っていくのですから、処理しなくてはならない仕事も増えます。
これは「法人化によるコスト増」と言えますが、特に大きな負担になるのが「書類」です。
国に対して事業内容、財務状況などを報告する際には正確な書類が作成されなくてはなりません。
個人事業であればかなり簡素なものであっても認められることはありましたが、会社として報告を上げる以上は詳細かつ正確な情報が求められることとなります。
普段の事業と並行してそうした書類作業をしていくわけですから、事務スタッフの雇用が必要になるケースもあります。
そして忘れがちになる注意点が「資本金」についてです。

この資本金は会社が営業をするための原資となるわけですが、この金額は「1000万円」という基準で扱いが変わります。
「消費税課税事業者になるかどうか」というポイントが変わってくるのです。
1000万円未満の資本金によって営業される事業者の場合は最大2年間の消費税免除を受けることができますが、1000万円以上の資本金を有していると、設立した年から課税が始まります。
より資金を集めやすくするために資本金を増やすというような場合には、このポイントには特に注意しなくてはなりません。
会社設立が成功できるかどうかについては、それぞれの設立者の手腕にかかってきます。
時間と費用をかけて作った会社が、思わぬ形で失敗したというようなことにならないよう、さまざまなことに注意していきましょう。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2014会社設立を考えている方へ、格安、最速の会社設立術 All Rights Reserved.