必要書類について

会社設立の必要書類について

会社設立を行うためには必要書類を作成して、会社設立する予定の地域を管轄する法務局に届け出をすることが最初の一歩となります。その必要書類の中でもとくに重要性の高い書類として定款と呼ばれる書類が存在しています。この定款という書類は、設立する会社の全てが記載されている書類であり、会社の名称や所在地は勿論、構成する役員などの情報についても記載しておく必要があります。そしてそれぞれの役員の印鑑を打った状態の物を3部作成しなくてはなりません。

3部作成した定款は公証役場に持ち込むことになります。公証役場では公証人に承認を得ることが目的となります。会社設立の内、株式会社を設立する場合には単に書類を作成するだけではなく適切な承認を得ておく必要があるのです。これは合同会社など他の会社組織の設立の場合には不要になるケースもありますので注意が必要であると言えるでしょう。なお、この公証人の承認を得るためには手数料をして印紙を納めなくてはなりません。

これは紙で提出する場合に必要となります。最近では電子定款と呼ばれるデータでの提出も行われるようになってきました。この様な電子定款の場合には印紙代がかかりませんので安く済ませることが出来ます。但し電子印等色々な問題がありますので電子定款を使用する場合には専門の業者に依頼をするのが良いでしょう。

この定款以外の書類はそれほど難しいものではありません。一般的な知識があれば誰にでも対応することが出来る内容の物になります。定款だけは専門の代行業者であっても会社設立をしようとしている人の頭の中にしかないものを引き出さなくてはなりませんので非常に手間がかかると言えます。この様な定款は自分で作成するのも良いのですが、専門の業者に依頼した方が数々のメリットを得ることが出来ますのでお勧めです。

例えば経験豊富である事実によりこうした方が良いというノウハウが得られるでしょう。定款は初回が非常に重要であり、後々変更を加える場合には大きなお金が必要となることも珍しくないのです。そのため最初の段階である程度の可能性を考慮した定款を作成するのが良いと考えられています。例えば事業内容は関連領域を最初から含んでおけば事業拡大の際に作り直す必要が無くなるのです。会社設立を数多く見てきたノウハウがあって初めてこの様なアドバイスができるようになりますので、やはり必要書類の作成などに関しては専門の業者の知恵というもの拝借していくべきであると考えられています。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2014会社設立を考えている方へ、格安、最速の会社設立術 All Rights Reserved.