会社設立サポートと費用

司法書士事務所の会社設立サポートと費用

日本の労働環境は、企業が合理化を追求する経営を重視するようになり、人件費を削減することを厭わなくなってきた傾向があります。そのため、かつてのような日本の終身雇用制は崩壊し、正社員として社員を雇用するよりも、契約社員、パート雇用、アルバイト雇用を増やすことで人件費の削減を行う企業が増えています。

会社に将来の夢を託せないと考えた社員の中には、早期リタイアをして起業を考える方も少なくないようです。また、若くても、企業に雇われる働き方を選ばずに、個人で会社設立をする方も増えています。起業を目指す方は、安定した収入を得るために様々な勉強をする必要があるでしょう。

2006年(平成18年)5月1日に会社法が制定し、現在、日本における会社の形態は株式会社、合名会社、合資会社、合同会社の4つの形態があります。会社法が制定される以前は有限会社がありましたが、法整備がされる中で有限会社は廃止され、有限会社は株式会社として存続する形がとられています。会社設立をする時には、関連する法律の知識も必要です。法律は必要に応じ改正されるので情報に敏感にアンテナを張りましょう。
会社設立を目指す方が増えたことを受け、会社設立をサポートする司法書士や税理士の存在が注目を浴びています。インターネット上には、司法書士事務所や会計事務所が運営するサイトで会社設立のサポート業務について紹介しているところが増えていますので、参考にされてはいかがでしょうか。
例えば、「会社設立サポートセンター東京」は、東京都台東区のすばる会計事務所が経営するサイトです。税理士としての専門的な知識を駆使して起業を目指す方のサポートを行っています。サイトでは「会社設立サポート料金表」を掲示し、合資会社設立費用は、起業家応援パックを利用すると60,000円です。また株式会社の起業家応援パックは202,000円で、自分で手続きをするよりも少ない費用で会社設立が出来るようです。
また、千葉県習志野市に事務所を構える「司法書士・行政書士つだぬま法務事務所」でも、起業家をサポートする仕事をしています。事務所が運営するサイト「会社設立代行ルーム」では、起業を目指す方に向けて情報提供をしています。事務所のモットーは、起業時のサポートだけに終わらずに、アフターケアにも親身になること、個々のご依頼に適した設立プランの提案をすることなどです。サービスの詳細や料金表もサイトに掲載していますので、参考になるのではないでしょうか。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2014会社設立を考えている方へ、格安、最速の会社設立術 All Rights Reserved.