最近の投稿

必要書類について

会社設立の必要書類について

会社設立を行うためには必要書類を作成して、会社設立する予定の地域を管轄する法務局に届け出をすることが最初の一歩となります。その必要書類の中でもとくに重要性の高い書類として定款と呼ばれる書類が存在しています。この定款という書類は、設立する会社の全てが記載されている書類であり、会社の名称や所在地は勿論、構成する役員などの情報についても記載しておく必要があります。そしてそれぞれの役員の印鑑を打った状態の物を3部作成しなくてはなりません。

3部作成した定款は公証役場に持ち込むことになります。公証役場では公証人に承認を得ることが目的となります。会社設立の内、株式会社を設立する場合には単に書類を作成するだけではなく適切な承認を得ておく必要があるのです。これは合同会社など他の会社組織の設立の場合には不要になるケースもありますので注意が必要であると言えるでしょう。なお、この公証人の承認を得るためには手数料をして印紙を納めなくてはなりません。

これは紙で提出する場合に必要となります。最近では電子定款と呼ばれるデータでの提出も行われるようになってきました。この様な電子定款の場合には印紙代がかかりませんので安く済ませることが出来ます。但し電子印等色々な問題がありますので電子定款を使用する場合には専門の業者に依頼をするのが良いでしょう。

この定款以外の書類はそれほど難しいものではありません。一般的な知識があれば誰にでも対応することが出来る内容の物になります。定款だけは専門の代行業者であっても会社設立をしようとしている人の頭の中にしかないものを引き出さなくてはなりませんので非常に手間がかかると言えます。この様な定款は自分で作成するのも良いのですが、専門の業者に依頼した方が数々のメリットを得ることが出来ますのでお勧めです。

例えば経験豊富である事実によりこうした方が良いというノウハウが得られるでしょう。定款は初回が非常に重要であり、後々変更を加える場合には大きなお金が必要となることも珍しくないのです。そのため最初の段階である程度の可能性を考慮した定款を作成するのが良いと考えられています。例えば事業内容は関連領域を最初から含んでおけば事業拡大の際に作り直す必要が無くなるのです。会社設立を数多く見てきたノウハウがあって初めてこの様なアドバイスができるようになりますので、やはり必要書類の作成などに関しては専門の業者の知恵というもの拝借していくべきであると考えられています。

会社設立にかかる費用

会社設立にかかる費用について

就職難や経営不振が続く中で、現在はただ就職をしても周囲との人間会計でもめたり、人員整理でリストラにあってしまったりと不幸なことに合うことも多い時代です。それらはすべて会社の意向に従わなければならない勤め人であるためであるので、自分で会社を作ればそんな煩わしいことに悩まされる心配はありません。そして現在は自分にその気さえあれば会社を作ることはそれほど手続き的にも経済的にも難しくはない時代なのです。

会社設立を行う際には、法律的には会社の基本ルールである定款の作成と、会社設立の登記が必要になり、株式会社であればさらに株式を引き受けてくれる人を探したり、自分で株式を引き受けて設立する必要が出てきます。では経済的にはどうなのかというと、会社には合同会社と株式会社という二つのタイプがありますが、圧倒的に合同会社のほうが会社設立は安く済みます。

まず必ず必要な定款の作成にかかる費用ですが、定款の印紙代と登録免許税がかかることになります。この時因子は4万円するので電子定款としてウェブ上で作成したほうが安く済みます。

ただ電子定款を作成する際には専用の機材が必要になりさらに特別な技術も必要になり、初めての方には難しいです。そのためこのようなときには定款作成を代行してくれる業者を探し、格安で作成してもらうことで、大体1万円くらいに抑えることができます。また会社を作成する際に必ずかかる、印鑑台というものも安いものなら5000円以下で作成してもらえますので、会社設立は100000万円以下の費用で作成することが、合同会社なら可能です。
これに対して株式会社は、定款を作成するときに公証人による認証を受けなければ会社設立は不可能ですので、その費用が5万250円かかります。さらに電子定款でなければ印紙代がかかることは先ほど述べたとおりですし、登録免許税も合同会社よりは高い15万円となっているためです。このように株式会社のほうが合同会社よりも設立に要する費用が高くなっているのは、その社会に対する影響力の違いを考慮したところです。すなわち合同会社ではお金を出すのは発起人といわれる会社を作ろうという人だけで、その人が金融機関からの融資などにより作成したお金を使って業務を行いますが株式会社はその構造上、設立した時点から株主の資金にいくらかは頼っている場合がほとんどですので、簡単に設立して投下費用を回収できない株主が増えると社会に迷惑がかかる為です。

必要な納税証明書

会社設立後にさまざまな場面で必要な納税証明書

会社設立後のさまざま業務に関わる手続きや、金融機関から融資を受ける時などに必要となる書類が、納税証明書です。納税証明書はきちんと税金を納めているか、あるいは所得の額が正しいのかなどを見極める書類であり、信用できる会社なのかを推し量る書類でもあります。

納税証明書は大きく3つに分けられ、納税額を証明するもの、所得を証明するもの、督促や滞納などの未納税金に関するものがあります。さらにそれらはその1、その2というように6種類に分けられます。その1は納付する税額、その2は所得の金額であり、法人の場合は法人税にかかる所得金額です。その3は未納の税金がないことの証明で、その3の2は個人用の申告所得税や消費税そして地方消費税などの未納税金がないことの証明、その3の3は会社設立した方向けで、法人税と消費税そして地方消費税に未納税金がないことの証明、その4は税金の滞納処分を受けたことがないという証明内容になっています。

これらの納税証明を請求するにあたり、必要な書類を揃えなければいけません。代表者が直接発行を依頼する場合は、申告書等に押印した代表者印と代表者本人であることを確認できる運転免許証や健康保険証などの身分証明書、そして発行手数料に相当する収入印紙となります。

代理人が発行依頼をする場合には、代表者からの委任状と代理人の印鑑、そして代理人本人であることを確認できる身分証明書が必要になります。

なお納税したばかりの額を記載したものを希望するときには、領収書を持っていく必要があります。コンビニなどで納付をした場合には、3週間たたないと発行ができないので注意しましょう。

また発行は直接税務署を訪れるほかにも、郵送やオンラインでの請求が可能です。郵送で請求する場合には、申請時必要書類の他に、記入済みの納税証明書交付請求書と、手数料の金額にあたる収入印紙、切手を貼った返信用封筒を同封して、納税を管轄する税務署宛に送ります。オンラインで請求する場合には、税務署の窓口での受け取りと郵送、そして電子ファイルで受け取る方法があります。この場合は電子署名を付け電子証明書を添付してe-taxで請求することで、電子ファイルでの受け取りが可能になります。手数料は書面での交付請求が400円、オンラインでは370円になります。また請求する証明内容によって手数料の計算方法が異なり、その1とその2は税目数×年度数×枚数×手数料額、その3とその4は枚数×手数料額になります。オンラインでは1つの請求で1ファイルになるので、1回の請求の場合は枚数は1枚になります。
また会社設立したばかりだと、発行はされず、証明書は会社設立後の決算が終了するまでは取得できません。しかし会社設立直後でも証明書が必要になることがあります。その場合法人設立届出書のコピーが有効になります。

社会保険手続き

会社設立をした後は年金事務所で社会保険手続き

会社設立を行うと様々な手続きを行う事が必要になります。
例えば、一人で会社設立をして会社経営を行う場合でも、社会保険の加入が義務付けられており、会社設立後に年金事務所での手続きが必要になります。

また、一人で会社設立をした後に人を雇用した場合は、労災保険および雇用保険の手続きが必要になります。

因みに、労災保険は従業員が怪我や病気をした際の保証を受ける事が出来る保険で、雇用保険は、従業員が離職をした時に一定期間失業給付金を受ける事が出来る保険です。
どちらも、労働保険に含まれる保険なのです。

尚、労災保険は労働基準監督署、雇用保険はハローワークで手続きを行う事で加入する事が出来ます。

このように、労働保険の加入義務は人を雇用した場合に生じますが、健康保険や厚生年金保険は会社設立をすることで加入義務が生じるのが特徴です。

因みに、労働保険の加入義務は、会社設立した会社の社員が全員役員の場合は加入義務有りません。
何故ならば、役員は労働者としてみなされないためであり、会社組織の形態により異なるのです。

尚、個人事業主の人が会社設立をした場合、個人事業を手掛けている時は、国民年金と国民健康保険に加入をしています。
この国民年金は会社設立をすることで厚生年金保険に切り替わり、国民健康保険は会社設立をすることで健康保険に切り替わることになるのです。

所で、社会保険の加入手続きは、本店の住所が管轄になる年金事務所で行う事になりますので設立を行う前などに確認をしておくと安心です。

また、加入手続きは事業主が行う事になります。

尚、加入手続きを行う時には所定の届書を利用して行う事になります。
この所定の届書は社会保険事務所の中に置いてあるものを利用する方法と、日本年金機構のホームページからダウンロードする方法が有ります。

所定の届書には、健康保険・厚生年金保険新規適用届、健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届、健康保険被扶養者(異動)届、保険料口座振替依頼書などが有ります。

尚、健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届は、被保険者になる人全てが対象となりますので、被保険者の人数分が必要です。

また、健康保険被扶養者(異動)届は、被扶養者がいる場合に必要になる届書で、配偶者のいる人が会社設立を行った場合に必要になるものです。
保険料口座振替依頼書は任意の提出書類で、保険料の納付を自動引き落としで行う場合に必要になる書類になります。

登記費用

会社設立サポートサービスと登記費用

日本の終身雇用制度が完全に崩壊して以降、働き方も多様化してきました。企業も正社員雇用を控え契約社員やパート雇用、アルバイト雇用などを活用することで人件費にかかるコスト削減をするところが増えています。雇用形態が多様介したことを受け、雇用格差が広がり、働く人の意識も変化してきています。企業に雇われることに不安を感じる人の中には、会社設立を考える方も少なくないようです。

また、2006年(平成18年)5月1日に会社法が制定され、それに伴う関連法の整備が行われる中で有限会社という会社形態がなくなり、新たに合同会社という形態が登場しました。これにより、日本の会社形態は、株式会社、持分会社(合同会社・合資会社・合名会社)に分けられます。会社設立には経営責任がありますが、会社法制定に伴い誕生した合資会社の経営責任は有限責任です。経営責任とは、会社が倒産した場合の責任の取り方を指します。例えば持分会社の中でも合名会社は無限責任ですので、会社が倒産した場合個人の財産も会社の借金の返済に充てる必要があります。一方、合資会社は有限責任ですので、出資した金額以上の責任は問われません。このことが追い風となり、会社法が制定されて以降、合資会社設立の件数が急速に増えています。

会社設立には、様々な事務手続きが必要です。個人で行うことも出来ますが、法律的な知識が必要ですので、会計事務所や司法書士事務所などで行っている会社設立のサポートサービスを利用するのも良い方法です。

例えば、合同会社の設立をサポートする「合同会社設立ドットネット」というサイトがあります。このサイトは、兵庫県神戸市に事務所を構える「MOYORIC(モヨリック)行政書士合同事務所」が運営しているサイトです。

こちらでは、事務所に所属する行政書士と事務所と提携している司法書士が、専門的な知識を駆使して、ご依頼者の会社設立をバックアップしています。こちらで提供している「合同会社設立フルサポートサービス:122,640円(税込)」の内訳は、手数料:58,000円、登録免許税:60,000円、消費税:4,640円です。

会社設立は個人で行うことも出来ます。最低限必要なのは登記費用です。起業する方が、会社設立にあたって個人で行わずに行政書士や司法書士などのサポートサービスの利用をするのは、費用面で個人で行うよりも安くなるからです。

登記費用には定款の印紙代が必要ですが、事務所に依頼すると定款の電子認証制度が利用出来るため印紙代が不要になるからです。このようなサービスを提供している事務所は沢山ありますので、起業を考えている方は、アフターケアにも親身になって相談に乗ってくれるところを探してみてはいかがでしょうか。

帳簿付け

会社設立による帳簿付け

会社設立による帳簿付けで、青色申告であっても現在では帳簿の管理を行って、指示があれば提出を行う事となります。

そう言った所でも会社設立に関して、色々な中で経理的な知識のある方が居れば、問題なく会社経営も進めていく事が出来ますが、やはり経験の少ない方であれば、税理士や会計士のプロの税務の方に相談する事も考えられます。そう言った中で会社設立となっていけば、税務の面に関して管が得る事が多く、難しい事も色々とあったり、得をする税務などもあったりする中で、やはりプロの税理士や会計士では当然知っている事もあり逆に知らない事で損をする事もある為、委託する事で費用も多少はかかったりしますが、こう言った節税に関しての助言や処理に対して得をする事があったりすれば、やはり会社設立当初となれば、特にプロに任せて行っていく事がとても良い方法となって行きます。

こう言った会社設立に向けての話に関しては、特に今から会社設立を考えている人などでは帳簿付けからバランスシートや損益計算書と言った所も処理を行わなければいけない状況となります。その為しっかりとその道のプロにお願いしたり、経理の方でもとても税務に詳しい方を雇い入れる事を考える必要があります。

帳簿付けにしても貸借対照表や損益計算書と言った物を見た事も無い人にとっては、一から勉強する事なども大変な事ではあります。しかしその表を観て行く事により、会社の体質などを判断出来る事にもつながって行く為、出来るだけ利益を出す事を一番に考えながら取り引きを進めていく事が必要な事となって行きます。

そう言った所も踏まえて会社設立での経理的な知識を付ける事は必要不可欠であり、法人税の計算などに置いても決算処理を行う事で、しっかりと利益を上げていく事であれば税務申告も行って行きながら、税務に関しての対応も行って行く事が望まれます。

そう言った所でもやはり会社設立に置いての屋台骨となっている経理的な事などは、知識が豊富にある人が居る事と居ない事とでは、かなりの違いがあって、もし経理的な処理が難しいのであれば、やはりプロの税理士や会計士を雇い入れて経理処理を行ってもらい、帳簿のチェックから帳票類を製作してもらい、税務の申告に関しても間違いのない処理を進めてもらう事が出来る様です。その事からも会社設立に置いて、プロの税理士や会計士の対応により、しっかりと税務申告が行える事がとても良い処理となるでしょう。

注意点

会社設立における注意点って?

会社設立はそれを行おうとする人たちにとって、まさに人生の目標とも言えるものです。
もちろん会社設立は「設立した会社を成功させること」が最終的な目標なのですから、会社設立が出来たから目標が達成されたというようなことは無いのですが、それでも人生の転機になることは間違いありません。

自分の力を試したいというような人や、社会に貢献したいというような人など、様々な人が会社設立を夢として描くのが現代になっていますが、実際には会社設立をする場合には事前に理解しておかなくてはならない注意点がいくつもあります。

特に注意したいのが「会社設立はメリットばかりがあるわけではない」ということです。
「会社を設立しても成功が保証されているわけではない」ということは誰しもが理解できていますが、「かかる税金」については事前に考慮に入れていない人が少なくないのです。
ではどういった税金がかかってくるのかと言うと、最も注意するべきなのが法人県民税や法人住民税といったようなものです。

これらは毎年一定の金額が発生する上、企業が赤字であっても支払わなくてはなりません。
既にフリーランスとして事業を営んでいて、その事業を会社設立によって法人化したいというような場合には、こうした「本来であればなかった税金」が賦課されることになるわけですから、特に注意が必要です。

また個人事業としてではなく「会社」として事業を行っていくのですから、処理しなくてはならない仕事も増えます。
これは「法人化によるコスト増」と言えますが、特に大きな負担になるのが「書類」です。
国に対して事業内容、財務状況などを報告する際には正確な書類が作成されなくてはなりません。
個人事業であればかなり簡素なものであっても認められることはありましたが、会社として報告を上げる以上は詳細かつ正確な情報が求められることとなります。
普段の事業と並行してそうした書類作業をしていくわけですから、事務スタッフの雇用が必要になるケースもあります。
そして忘れがちになる注意点が「資本金」についてです。

この資本金は会社が営業をするための原資となるわけですが、この金額は「1000万円」という基準で扱いが変わります。
「消費税課税事業者になるかどうか」というポイントが変わってくるのです。
1000万円未満の資本金によって営業される事業者の場合は最大2年間の消費税免除を受けることができますが、1000万円以上の資本金を有していると、設立した年から課税が始まります。
より資金を集めやすくするために資本金を増やすというような場合には、このポイントには特に注意しなくてはなりません。
会社設立が成功できるかどうかについては、それぞれの設立者の手腕にかかってきます。
時間と費用をかけて作った会社が、思わぬ形で失敗したというようなことにならないよう、さまざまなことに注意していきましょう。

創業融資の基礎知識。

会社設立で使える創業融資の基礎知識。

会社設立をするというような場合にはある程度まとまった資金が必要になることが多いのですが、そうした資金は会社設立が終わればもう必要ないというようなことはありません。

長期的に企業を運営していくのであれば常に資金は必要となりますから、経営者となる人は常に「資金を調達する方法」を考えていく必要があります。
特に会社設立が終わった直後には様々な設備投資が必要になることが多く、多額の資金が必要になる傾向があるのです。

ではどのようにして資金を調達するのかと言うと、創業直後の調達手段として活用できるのが「創業融資」です。
では会社設立で活用できる創業融資にはどういったものがあるのかと言うと、とくに有力なものとなるのが「中小企業制度融資」のようなものです。

これは特に各地方自治体が運営しているものであり、いくつかの条件を満たしているというような場合にはかなり高い確率で融資を受けることができます。
またそうした融資を利用するというような場合には常に「利息」を意識しなくてはなりませんが、こうした地方自治体が運営している融資制度に関しては、利息もかなり低い水準になっているのが殆どです。

銀行などから融資を受けるような場合と比べると非常に大きな違いがありますから、利用できるというような場合であれば創業融資を利用するというのが良い選択肢になります。

では会社設立の際に利用できる創業融資を探すにはどのようにすれば良いのかと言うと、最も効果的になるのが「地方自治体に問い合わせをする」と言うことです。
特に昨今では地方の市町村を活性化することが非常に重要とされています。
かつての社会では東京への一極集中の傾向が非常に強かったのですが、情報通信技術の発達した現代だと、地方都市であってもこれまでのようなハンデを感じずに事業を営むことができるようになりました。

そうしたことを背景として、各地方自治体は、それぞれの自治体で開業するというような新規創業者に対しては積極的な姿勢を取るようになってきています。
そのため中小企業などをサポートするための窓口が設けられていることが多くなっていますので、そうした窓口に問い合わせをすれば、適切な融資制度を紹介してもらえるでしょう。
また別の手段としては、税理士事務所や会計事務所、コンサル会社などを利用することも選択肢になります。
こうした会社では中小企業や新規創業者へのサポートを業務としていることも多いですから、それだけ知識の蓄積が豊富です。
いずれの方法を選ぶにせよ、なるべく多くの情報を収集できるように普段からアンテナを張りめぐらせておきましょう。

会社設立セミナー

会社設立セミナーを受講するメリットってあるの?

会社設立はそれぞれの設立者にとって人生を左右するものになります。
成功すれば様々なものを手にすることができますし、自身の能力を証明したいという場合にはこれ以上ないものとなるでしょう。

しかしその反面、失敗すれば時として人生そのものが崩れ去ってしまうこともあり得ます。

そのため会社設立を成功させる確率を高めるために出来ることはなるべく事前に行っておくべきとなるのですが、そうした「会社設立を成功させるため」という目的で行われることとなるのが「セミナー」です。
それでは会社設立セミナーなどに参加するメリットとしてはどういったものがあるのでしょうか。
まず最も大きなメリットとなるのが「会社設立に関する知識を得ることができる」ということです。

こうした知識についてはインターネットや書籍などでも学ぶことができますが、実際に講師から直接教えてもらうことができるということは、非常に大きなメリットとなります。
実際に成功を収めた人などが講師になっている場合は、その人がどういったことに悩み、どうやってそれを打開してきたのかということを聞くことができますし、質疑の時間があるのであれば、その講師に対して、自分が抱えている悩みに助言をしてもらうこともできます。

必要以上に講師の言葉を鵜呑みにする必要はありませんし、自分の考え方と講師の考え方が違うというのであればそれでも構いません。

しかし会社設立を成功させた人と出会う機会というものは非常に貴重ですから、その機会が持てるだけでも意味は大きいのです。
また「自身と同じく会社設立を目指している人と出会える」ということも大きなメリットです。

会社設立では今後自身が経営をしていく会社を設立することとなるのですが、会社を運営していくには様々なものが必要になります。
資金などは銀行から融資をしてもらうこともできますが、「人脈」というものはどれだけお金を積んでも買うことができません。

こうしたセミナーの場ではこれから新たな会社を設立したいという人が集うわけですから、お互いに「人脈を求めている」という状態になります。

そうした中ではビジネスパートナーを見つけることも可能になりますし、出会った相手によってはその後一生の縁を持つこともあり得ます。

そのため「とにかく人脈を作りたい」と言うような場合には、こうしたセミナーに参加する意義が非常に大きいと言えるのです。

会社設立セミナーは現在、全国各地で行われるようになっています。
参加したいと考えるのであれば、こまめに新しい情報をチェックして、参加の機会を逃さないようにしていきましょう。

資格不要の発起人

会社設立と資格不要の発起人

ビジネスにはアイディアや実行力が欠かせませんし、会社を作るとなると責任を持つ代表者が必要になります。

会社設立には特に資格は不要で誰でも作る事が出来ますから、一からビジネスを始めたいと考えている人でも作る事が可能です。

発起人は会社の設立を行う為の手続きをする代表的な存在で、ビジネスを始める前に会社作りを行う重要な役割があります。

資格が不要な事は発起人自信や会社設立を行うメンバーにもメリットがあり、思い立ったその日から会社設立に向けての活動が行えます。

新規で会社設立を行う場合には分からない事や初めての事が多くなりますし、専門的な立場からアドバイスを行う人材は欠かせないと言えるのです。

一度でも会社設立の経験があれば手続きの進行や準備に必要な日数も分かりますから、資格は不要でも貴重な経験が会社を設立する場合に価値となります。
実際にビジネスを行うメンバーに限らず会社設立に関わる事は出来ますし、創立当初からの参加者として今後も重要な立場であるのです。

自分が詳しい事や出来る範囲で貢献する事が出来るのもビジネスとなり、利益を上げたり目標へ向かって行くチャレンジが魅力になります。

法的な手続きに関係する資格があれば違った形で貢献可能な事にもなりますから、ビジネスでトラブルを未然に避けたり万が一の場合にも力となるのです。

発起人は一人でも構いませんが複数だと心強くなりますし、共に共同でビジネスを始める仲間としても責任を分け合えます。誰かがアイディアを言い出してそれに賛同する事には未来がありますから、チャレンジを始める切っ掛けとなり知恵を出して困難を乗り越えるビジネスが始まります。
情報が豊富に溢れるインターネットの時代には会社設立の経験談が掲載されていて、自分と同じように資格がなくても会社を設立出来る事が分かれば希望になります。
会社設立に欠かせない書類作りや企画を行う場合の知識もインターネットから得る事が出来ますから、未経験な事が多くても会社を作りビジネスへと結び付けられるのです。
誰も考え付かないアイディアを形にしたり画期的な商品やサービスを販売する事も行え、多くの可能性がビジネスにはありチャンスとしても活用されます。
知らない事を覚えるのは大人も子供にも関係はありませんし、会社設立に関わる書籍やネットの情報を含めて豊富で参考になる知識は必ず役立つのです。
会社を作る場合に必要な役割や人数を知る事から始められますから、直ぐにでもビジネスを始める為の会社設立に動き出せます。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2014会社設立を考えている方へ、格安、最速の会社設立術 All Rights Reserved.